プラセンタ療法

HOME > プラセンタ療法

美容・アンチエイジング効果のイメージが強いプラセンタですが、実は歯科の分野でも効果を発揮します。当院では、歯科治療・肌再生プログラムとしてプラセンタ療法を導入しております。

プラセンタとは

日本語で言うと胎盤のことです。胎盤は赤ちゃん(胎児)を母体内で育てるために、
妊娠中に臨時に作られる臓器です。

なぜプラセンタが身体にいいのか

プラセンタは、受精卵を約10か月で約60兆個の細胞(人間は役60兆この細胞で作られています)まで増殖させていくと同時に、各種臓器や器官を作り上げていきます。プラセンタはそのために様々な生理活性物質を合成し、妊娠期間中継続して胎児に与え続けています。プラセンタは他の組織や臓器が含んでいない様々な活性物質を総合的に含んでいます。
そのため、身体を活性化させる効果があります。

歯科でのプラセンタ療法とは

プラセンタ療法とは、多くの薬理作用を持つ胎盤抽出エキスを用いた治療方法で、50年以上前から製造される注射薬やサプリメントが治療に使われています。
いずれも人工的に合成されたものではなく、大きな副作用もないためどなたでもご利用いただけます。歯科医院では以下の治療に活用されております。

歯周病、インプラントと併用、口内炎、顎関節症、舌炎、口腔内乾燥症など

>>>プラセンタ製品についてはこちら

Q

なぜプラセンタが歯周病にいいのか?

A

歯周病の最大の原因はプラーク(歯垢)が生み出す毒素ですが、免疫力の低下やホルモンバランスの乱れ、ストレスの影響などの全身状態によって症状は進行します。
プラセンタは、免疫の活性作用をはじめ、細胞の修復、抗炎症、血流促進、ホルモンバランス調整など多方面から歯周病の発症原因や症状に対して作用します。

Q

なぜ外科的処置にプラセンタを併用するのか?

A

プラセンタの効果の一つに創傷治癒作用(傷の治りを早める)があります。
インプラント治療や抜歯の際にプラセンタを併用すると、その際できた傷の修復を助けます。

プラセンタの持つ幅広い薬理作用により、医科では下記の病気に使用されています。

医科でプラセンタが使用される病気

内科頭痛・口内炎・気管支炎・喘息・胃弱・食欲不振・便秘・肝炎・肝硬変・パーキンソン病・るいそう・腎炎・糖尿病・ネフローゼ・高血圧・狭心症・貧血・十二指腸潰瘍

 

整形外科肩こり・むちうち・五十肩・腰痛・ひざ痛・筋肉痛・リウマチ・関節痛・神経痛

 

婦人科更年期障害・乳汁分泌不全・生理痛・生理不順・無月経・不妊症・冷え性・子宮筋腫

 

皮膚科アトピー性皮膚炎・肌荒れ・しみ・乾燥肌・脱毛症・皮膚潰瘍・白斑・水虫

 

神経科自律神経失調症・うつ病・不眠症・拒食症・てんかん

 

泌尿器科前立腺肥大・夜尿症・性欲低下・膀胱炎・尿道炎

 

眼科アレルギー性結膜炎・眼精疲労・視力低下・緑内障・角膜炎

 

耳鼻科アレルギー性鼻炎・耳鳴り・めまい・難聴・メニエール病・臭覚低下

 

その他手術・外傷後の治癒促進、抗がん剤、放射線後の副作用軽減

プラセンタに含まれる主な栄養素

アミノ酸 ロイニン、リジン、バリン、スレオニン、イソロイシン、グリシン、アラニン、アルギニンなど
活性ペプチド 薬理活性の中心であるグロスファクターが数多く確認されている
タンパク質 アルブミン、グロブリンなど
脂質・脂肪酸 コレステロール、ホスファチジン酸、ラウリン酸、バルチミン酸など
糖質 グルコース、ガラクトース、ショ糖など
ムコ多糖体 ヒアルロン酸、コンドロイチン硫酸など
ビタミン ビタミンB1、B2、B6、B12、C、D、E、ナイアシンなど
ミネラル カルシウム、ナトリウム、カリウム、リン、マグネシウム、亜鉛、鉄など
核酸 DNA、RNA、および代謝産物
酵素 アルカリホスファターゼ、酸性ホスファターゼ、ヒアルロニターゼ、アデノシン三リン酸など100種類近くが確認されている

当院のプラセンタ肌再生プログラム

プラセンタ療法の肌再生
MMT-09を使った針とメスを使用しない無痛導入法です。お肌の5大トラブル「毛穴」、「ニキビ」、「しみ」、「しわ」、「たるみ」を解消します。

安全性 ・・・医療機関で現在使用されている機器と現役を使用
効果について ・・・今まで悩んでいた5大トラブルを一気に解消します。他店で満足できなかった方、ぜひご来店ください。
安心面 ・・・美容外科の料金に比べて1/3程度の価格設定

MMT-09

MMT-09は、今までの美容機器にはなかった高い効果が実感できる1台で4機能を用いた
最新技術美容機器です。細胞活性、維持を行える美容成分をふんだんに導入することで、今まで以上の効果を得られます。

リセルトリートメントの特徴
 ・修復  (肌の立ち上げ期間)
 ・活性 ⇒再生(細胞に働きかける)
 ・再生 ⇒維持(持続させる)

① スケーリング(洗浄+角質除去)
肌に残った古い角質を薄くはがし、新しい肌の生成を促す。
② マイクロカレント(イオン導入)
コラーゲン組織の合成を助長させる働きがあり、肌の弾力などを保ってくれるため、たるみの改善やリフトアップの効果が期待でき、美肌やアンチエイジングに有効です。
③ パッティング(超音波)
有効成分を皮膚深部に拡散させるとともにマッサージ効果を高め、 血行やリンパの流れを良くします。
④ エレクトロポーション(無痛穿孔法)
イオン化することができない分子(高分子・低分子)でも、有効成分を肌細胞にダイ
レクトに届けることができます。

プラセンタ製品の紹介

一般的にはプラセンタ療法は注射が用いられますが、当院では手軽に利用いただける医療機関専用のプラセンタ製品をご用意しています。

プラセンタサプリメントのご紹介

プラセンタ注射と同じ結果を目的に作られた、プラセンタ配合のサプリメントです。

プラセンタ配合ジェルのご紹介

CL lineは、プラセンタエキス配合の口中ジェルです。このジェルを使用し、歯ぐきのマッサージを行うことで、健康的なお口へ若返り!

こんな方にオススメ!!
・歯周病が気になる方
・歯肉炎が気になる方
・口臭が気になる方
・口内がネバネバする方
・口の乾きが気になる方
・歯列矯正中で不快感がある方
・健康なピンクの歯茎を維持したい方

tel:0359851180