前歯の矯正について

HOME > 前歯の矯正について

前歯の歯並びを改善したい、部分的にプチ矯正したいという要望をたくさんいただきます。一度、無料相談を受けてください。費用の面も含めて最適な方法をご提案させて頂きます。

※前歯だけを治療するだけで改善する症例もありますが、全体的な噛み合わせの調整が必要な例もあります。当院では、前歯の矯正・審美治療から全体の矯正治療まで患者様に合った治療をご提案いたします。

短期間で前歯の歯並びの改善をしたケース

ラミネートベニア・セラミックおよびセレック治療による前歯の歯並びの改善

歯の表面を少しだけ削ってセラミックス製の歯を貼り付ける方法により歯の隙間などを埋める処置を行うことが可能です。

治療前

 
 

治療後

ダイレクトボンディング法

ダイレクトボンディング法とは、口腔内で歯科用レジン(プラスティック)を直接歯に足す事で、歯の形状や色を機能的・審美的に回復する方法です。歯が欠けてしまったり、すきっ歯を治す場合に使われます。ダイレクトボンディング法は、最小限の歯の形成量で治療も約1時間で終わり、患者様に負担が少ない治療方法です。

治療前

治療後

治療前

治療後

プチ矯正(低価格前歯矯正)(部分矯正)

部分矯正は、比較的に費用も安価にすることができます。ですが、歯の全体的な健康を考えながら。歯列矯正を提供しておりますので、患者様のご要望があり、部分矯正によって改善効果があると判断した場合には治療をお勧めいたします。

矯正治療について

前歯だけでなく、全体な矯正が必要な症例もあります。
その場合は、矯正治療をおすすめします。
矯正治療については、詳しくはこちら。

外科的方法によるスピード矯正

外科的に顎の骨に切れ込みを入れて、歯を動かす矯正方法です。
通常の歯列矯正では、歯に力をかけて移動させていきますので移動までに時間がかかります。
しかし、外科的な処置でしたら時間を短縮して歯を移動することが可能になります。
また、歯根吸収を防ぐことができます。
※歯根吸収とは、矯正治療で歯が顎の骨を動かしている際に歯の根の方も少し吸収されて短くなってしまう事です。

上顎前突

治療前

治療後

下顎前突

治療前

治療後

開咬(かいこう)

治療前

治療後

叢生(そうせい)

治療前

治療後

唇顎口蓋裂(しんがくこうがいれつ)

治療前

治療後

正中離開(せいちゅうりかい)  インビザラインによるマウスピース矯正

治療前 (患者様に了承をいただいております)

治療後

tel:0359851180